通夜からお葬式、火葬のお経

家族葬などが多くなっている現代ですが、一般葬も家族葬もお葬式の内容に関しては同じことが多いです。通夜から始まりお葬式、告別式と進み、最近は告別式とともに初七日の法要を一緒に済ませて炉前読経となることも多くなっています。いずれにしても、通夜、お葬式、告別式、さらに炉前読経と、通常僧侶が式の中で読むお経は4回が一般的です。

通夜読経は、祭壇の前に僧侶が座り着座にて読経します。この時間は宗派によって違いがありますが、一般的に20分から30分くらいの読経に加えて法話という形になります。お葬式、告別式の読経はその時間中、僧侶が祭壇の前に着座して読経を続け、時間にして40分から60分くらいです。初七日を行う場合、お葬式、告別式が終了後、10分から20分程度のお経を読みます。最近は忙しい中、初七日法要にまた来ていただくことが申し訳ないと、告別式終了後、初七日の法要を行うことが多くなっています。

お葬式の際のお経として読まれるのが炉前読経です。火葬の前に行うもので、火葬場に前室がある場合には、前室に一旦安置してそこで読経となります。前室がない場合には、火葬場の炉の前で行うもので、通常5分程度の読経があります。