お葬式の前に行うお経・枕経とは

現代は病院で亡くなる方が多くなり、病院からいったん自宅に帰り、安置されることが多くなっています。安置できない場合には葬儀社の安置所で安置することもありますが、その際にお葬式の前に行うお経が枕経です。枕元に枕飾りという小さい祭壇を設けて、僧侶に読経をしてもらうときのお経が枕経と呼ばれます。住宅の事情や家庭の事情等により、自宅で安置しない場合、葬儀社の遺体安置所で枕経を行うこともありますし、納棺する前、通夜の前などに行うこともあります。

この枕経とは何かというと、あの世に迷うことなく旅たちができるようにという願い、迷うことなく仏様の弟子になれるようにと読むものとされています。お葬式の前に僧侶が枕経を行っているところで、本当に亡くなったんだなと実感することもあり、遺族になってから初めて聞く、亡き人に向けたお経ともいえるのです。

起源は平安時代中期といわれ、浄土教の僧侶によって死ぬ間際の方に向けて念仏をとなえ、臨終行儀を行ったことが最初という説もあります。いずれにしても、亡くなった方に向けて行う枕経の意味を理解していることで、故人となったこと、お葬式がこれから始まることなどを認識するお経と考える事ができるでしょう。